ワキガはフェロモンの機能?でもやはり不快な臭いでしょう!

欧米人に比べて日本人には少ない「ワキガ」ですが、それは脇の下にかく汗そのものの臭いではありません。クサいのは、その汗を栄養源とする細菌が繁殖する際に出す老廃物なのです。人の身体には汗を出す2種類の「汗腺」があります。それは、全身に分布するエクリン腺と、脇の下・乳首・陰部などに分布し、その量に個人差が大きいアポクリン腺です。このアポクリン腺から出る汗に含まれているタンパク質、糖質、脂質、そしてアンモニアなどが、脇の下の皮膚に存在する細菌によって分解される時に発する臭いが「ワキガ」なのです。そしてこの臭いが、もう一つの汗腺、エクリン腺から出る汗が蒸発する際に拡散され、近くにいる人に独特の臭いを感じさせてしまうのです。従って、欧米人と日本人との差は、入浴頻度の差だと考えられます。このワキガは、他の哺乳類が求愛の為に発するフェロモンとしての機能なのだとの説もありますが、やはり一般的にはワキガの強い刺激臭は不快に感じる人の方が多いので、洗浄や制汗剤の使用などによる対策は必要でしょう。

ワキガクリームランキング 脇の臭い