ワキガはフェロモンの機能?でもやはり不快な臭いでしょう!

欧米人に比べて日本人には少ない「ワキガ」ですが、それは脇の下にかく汗そのものの臭いではありません。クサいのは、その汗を栄養源とする細菌が繁殖する際に出す老廃物なのです。人の身体には汗を出す2種類の「汗腺」があります。それは、全身に分布するエクリン腺と、脇の下・乳首・陰部などに分布し、その量に個人差が大きいアポクリン腺です。このアポクリン腺から出る汗に含まれているタンパク質、糖質、脂質、そしてアンモニアなどが、脇の下の皮膚に存在する細菌によって分解される時に発する臭いが「ワキガ」なのです。そしてこの臭いが、もう一つの汗腺、エクリン腺から出る汗が蒸発する際に拡散され、近くにいる人に独特の臭いを感じさせてしまうのです。従って、欧米人と日本人との差は、入浴頻度の差だと考えられます。このワキガは、他の哺乳類が求愛の為に発するフェロモンとしての機能なのだとの説もありますが、やはり一般的にはワキガの強い刺激臭は不快に感じる人の方が多いので、洗浄や制汗剤の使用などによる対策は必要でしょう。

ワキガクリームランキング 脇の臭い

ワキガはやはり夏場に強い臭いを発生させます

夏場はただでさえ汗をかきやすく汗臭くなる悩みもあると同時にワキガの臭いがとても強くなる季節でえもあります。
ワキガの恐い所はそれを本人に注意しにくいという所です。
汗臭いよという位ならまだ比較的そこまでショックを与えないかもしれませんが、それでもやはり誰かに汗臭いと言われたら恥ずかしいですよね。
ですのでそこでワキガの臭いきついよと言ってしまったらとてえも大きなショックを与える事となります。
勿論伝えた方が本人の為なのかもしれませんが、ワキガがどの程度本人の努力で改善を見込めるのかが分からない以上は下手な注意は逆効果となる可能性があるのです。
一般的な汗対策のスプレーやシートや塗り物は一応汗の臭いを防ぐ事を目的とした商品ですが、実際にそれで汗臭さを完全に防げているかというとそんな事はないはずです。
ここがとても複雑なポイントです。
汗臭さとワキガどちらの方が対処しやすいのかは素人には判断ができませんが、一般的にも臭い的にもワキガの方が汗の臭いよりもしぶといイメージがある方が多いはずです。
現に今まで汗臭さの対策アドバイスをしている方は見た事があると思いますが、ワキガの対策はこうだよと話している人が囘りにいたという人はいるのでしょうか。
中々いないですよね。
本人もワキガと知らない事が多く、どうしても情報が一般的にも広がりにくい為それがワキガの人が対策を打てない理由ともなっています。
もっと身近といっては変ですが、本人の為にも囘りの為にももっとワキガの専門商品を宣伝して効果の高い商品を出していけば、ワキガに対するイメージも少しは変わってくるのではと考えます。

ワキガかどうかをチェックする方法を使って確かめよう

自分の匂いは、自分でなかなか気にならないものですが、自分が匂っているかどうかは気になる所です。自分がワキガではないかと不安に思った時に、チェックする方法があります。まずは耳垢です。匂いの原因となる汗腺が原因で、ワキガの人の耳垢はべとべとしています。やわらかくて湿っぽい耳垢の人は、ワキガの疑いがあります。次に、ワキの部分の洋服です。白い下着や洋服だとわかりやすいです。ワキの部分が黄ばむ人はワキガ体質の可能性があります。これもまた、匂いを発する汗腺からの汗が原因となります。さらに、わき毛に白い粉っぽいものがついていないかどうかです。白っぽい粉は汗が結晶となったものですが、これは、ワキガの人の特徴で、ワキガでない人はわき毛に白っぽい粉が残ることはありません。他にも、ワキガをチェックする方法はありますが、ここであげたものは、比較的わかりやすく自分でチェックしやすいものです。ワキガの匂いは、自分で思った以上に強いものですので、不安になったらチェックをし、ワキガが疑われるようでしたら、ワキガ用のクリームなどをつけるとよいでしょう。匂い予防をするだけでも、ワキガの匂いはずいぶんと軽減されるものです。

ワキガに気づいた時にできる簡単な対策法紹介

ワキガは自分ではなかなか気づけず誰かから指摘されて分かりますよね、そうなったときの対策法です。まず手術をすることが頭に浮かぶと思いますが、やはり費用がだいぶ掛かってしまいます、お金に余裕ができるまでは匂い対策を行いましょう。
ドラッグストアなどで売っている制汗スプレーなどを脇に吹き付けると匂いの対策が出来ます、値段もお手頃でスーパーやコンビニなどでも手に入れやすいです。ですが効果があまり長続きしないので何度もつけ直す必要があります。次にロールオンと呼ばれる脇に直接塗りつけるタイプのものです、こちらのものは先端がボール状になっていてグリグリとしっかり塗れます、中身がローションの様でスーと馴染みます、直接塗るので効果も長続きします。それと似たものでスティックタイプの物もあります、見た目も中身もスティックのりの様でこれも直接塗ります、ロールオンよりもしっかりと残るのでより効果的です。匂いがきつい人の場合にはミョウバン水と言われるものがおすすめです、薬局などで販売してるミョウバンという物を水と混ぜ合わせスプレーなどにして使用します、殺菌作用が消臭効果などがあるため効き目があります。